公益社団法人 日本口腔インプラント学会 東北・北海道支部 TOHOKU HOKKAIDO BRANCH OF JAPANESE SOCIETY OF ORAL IMPLANTLOGY

支部長挨拶

公益社団法人日本口腔インプラント学会
東北・北海道支部
支部長 西郷慶悦

 公益社団法人日本口腔インプラント学会は、正会員数が15,000人を超え、名実ともに我が国最大の歯学系学会として活動し発展してきました。また、2018年6月からは宮崎新執行部が発足し、今までにも増して、よりスピード感を持って会務運営に取り組んでおります。

 学会の3大事業は、学術講演会の開催、機関誌の発行、ならびに会員の認定制度でありす。なかでも、長年の懸案でありました広告可能な専門医制度に関しましては、今般大きな局面を迎えようとしております。会員の先生には、ぜひ専門医を取得していただき、国民の健康長寿に寄与するインプラント治療を心がけていただければと願っております。そのためには、会員一人ひとりが医療倫理、医療安全対策について真摯に取り組み、安全・安心なインプラント治療を心がけ、長期にわたり満足される医療を提供する必要があります。今後とも、個々の研鑽の場として、あるいは情報交換の場として本会が主催する学術大会、ならびに研修会等に積極的に参加されることをお願いいたします。

 東北・北海道支部は、1道6県で構成されており本会6支部の中で最も広範囲にわたる支部です。また、本会の指定研修施設は大学系6施設、ならびに臨床系5施設の計11施設と広範囲に点在しております。しかしながら、今後の支部の運営にあたっては、各道県の代表幹事の先生はじめ各施設と連携をとりながら会務を進めていきたいと思いますので、会員の諸先生におかれましては、当支部の活動にご理解いただきますとともに、引き続きご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

(2019年1月)

支部長写真
ページTOPへ